スピードキャッシング 銀行系とノンバンク

銀行系とノンバンク

銀行系とノンバンク

お金を借り入れたいと思った時に、銀行系のキャッシングサービスを利用するか、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社のいわゆるノンバンクと呼ばれるところのキャッシングサービスを利用するかを考えるでしょう。

 

銀行系の特徴としては、審査がわりと厳しいところが多く、その分金利が低めに設定されています。昔は審査に時間がかかったり、手続きから完了までに長くかかってしまっていましたが、最近ではノンバンクに近いようなスピーディーな対応をしてくれるところも多くなっているので、非常に人気があります。

 

一方のノンバンクの特徴は、審査が緩めであることと、審査や手続きなどが非常にスピーディーだということです。その代わり、金利が多少高めに設定されていることが多いようです。

 

もし、審査にちょっと自信がないという人であれば、ノンバンクのサービスに申し込みをするとよいでしょう。すぐに現金が手元に欲しいという人も、即日融資をしてくれるところが多いので、自分に合った会社を見つけやすいでしょう。

 

また、銀行系のキャッシングサービスでは総量規制の影響を受けないのですが、ノンバンクのキャッシングの場合は総量規制の対象になってきます。この総量規制というのは、ノンバンクなどの貸付業者が個人への貸し付けの場合に年収の3分の1を超えてはいけないことや、貸付の条件によっては所定の書類の提出が必要になってくるといったことを定めた規定です。

 

ノンバンクから借り入れをする場合には、年収の3分の1以上の額での借り入れができなくなりました。
また、専業主婦のような収入がゼロの人が借り入れをする場合には、配偶者の同意書の提出が必要だったり手続きが複雑になっているために、借り入れしにくくなってきています。

 

ただし、銀行系であれば総量規制の対象外となっているので、そういった制限などがないために、専業主婦の人でも借り入れがしやすく、キャッシング利用者の注目を集めているようです。



ホーム RSS購読 サイトマップ